Pasco 超熟 パンの離乳食のまめ知識“ちぎったり、握ったり、トーストしたり。食パンが赤ちゃんの発達に与えるうれしい影響”として記事が公開されました │ 狛江・国領の小児科 コドモノいっぽクリニック

Pasco 超熟 パンの離乳食のまめ知識“ちぎったり、握ったり、トーストしたり。食パンが赤ちゃんの発達に与えるうれしい影響”として記事が公開されました

2019-12-10

ちぎったり、握ったり、トーストしたり。食パンが赤ちゃんの発達に与えるうれしい影響 | パン離乳食のまめ知識 | Pasco 超熟 パンの離乳食~手早くつくれるアレンジレシピ

コドモノいっぽクリニック院長丸山の記事が公開されました。ぜひご一読くださいませ。

手指の発達は、手のひら→指の腹→指先、と進みます。

やわらかい食パンは、手づかみの最初の段階である「手のひらでつかむ」ことがしやすいだけでなく、サイコロ状にすれば指の腹や指先でもつまみやすいため、赤ちゃんの手指の動きの発達を促すのにぴったり。

また、小さな力でちぎりやすいのも魅力です。つまむ動作は指の腹でもできますが、ちぎる動作には指先を使います。大きな食パンを自分の力でちぎる行為は、赤ちゃんにとっても楽しいもの。赤ちゃんが興味を持ったら、どんどん体験させてあげましょう。
ただし、大きなかたまりを飲み込まないよう、必ず大人がそばで見守るようにしましょう。(▶つづきはこちら

コドモノいっぽクリニック

院長 丸山 友紀
〒201-0012
東京都狛江市中和泉五丁目33番地2ヒルズ蘇月

tel.03-5761-5312
fax.03-5761-5313

診療時間
午前 8:30~12:00(最終受付 11:45)
【※火のみ9:00〜12:00】
午後 15:00~18:00(最終受付 17:45)

乳幼児健診・予防接種
月火水木金 13:30~14:30/土 12:30~13:30

休診日
土(午後)・日・祝